オーベルジュ ラ・メイジュのシェフ日記

< 前へ| 1  2  ...  183  184  185   186  187  |次へ >

つもりました

今年一番の大雪でした。2日間で40cmは積もったでしょうか、雪の無かった車山高原がこの大雪で銀世界となりました。

今日は朝から青空、気持ちのいい天気と眩しいほどに美しい冬景色を楽しんでいます。

明日のゲレンデはベストコンディションなので滑りに行ってきます。


2011-02-13
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

バンブー

フライフィッシングを始めた頃、何も分からずパラボリックテーパーのロッドを使っていました。しばらくしてsageに出会いファーストアクションにはまりました。繊細なメンディング、トルクで投げるロングキャストなどフライ本来の奥深さではパラボリックなのでしょけどキビキビと釣り上がれる魅力にはまっています。

写真はフライを始めた頃に使っていたオービスのバンブー♯4 7ft。トルクフルなロッドです。しかし重い、バランスを考え見合ったウエイトのビンテージリールを組み込むとダンベルに変身します。


2011-02-12
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

一昨日久しぶりに20cm位の雪が降りました。少し重い春の雪です。

この場所で季節を五感で感じることを振り返ってみると、視覚は何と言っても新緑です。聴覚はうぐいすのさえずり、ぎこちない泣き声が春らしいです。臭覚は土の香りでしょうか、雪解けが終わる頃、大地が顔を出し始めた頃に漂う土の香りです。触覚は心地よい空気、車の運転時窓を開けて走りたくなる風です。味覚は色々ありますが一番最初に味わうことが出来る『ふきのとう』でしょう。


2011-02-10
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

メイフライ

今春の渓流は雪が少ないため雪代の影響が少ない年でしょう。とは言っても適度に積雪はありますので気温の高い日は水温は下がります。

早春のユスリカの♯20~26のミッジに始まり、♯16前後のメイフライの季節が私にとってドライフライを楽しめる季節、夏秋季のテレストリアルの時期は休みが無がありません。

写真はCCDのメイフライ、多用するフライの一つです。フィールドでティペット、リーダーにジェルフロータントを塗っている時など空中で毛鉤が浮遊している時、本物のメイフライが近寄ってきます。かわいい雌に見えるのかどうかは分かりませんが、魚を騙す前に虫を騙すのは気分良いものです。


2011-02-07
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

暖かくなってきました

2月に入り春の訪れを感じる季節になりました。
今年は積雪量が少なかった車山高原、でも気温は厳しい冬でした。
寒かっただけに春の訪れはうれしいものです。庭のふきのとうもそろそろ芽吹く季節です。



2011-02-06
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ
< 前へ| 1  2  ...  183  184  185   186  187  |次へ >
シェフの日記
宿泊プラン一覧

オーベルジュ  ラ・メイジュ

391-0301
長野県茅野市車山高原3413-17
TEL.0266-68-3939
アクセスマップ

ページの先頭へ