ソムリエールのブログ

< 前へ| 1  2  ...  61  62  63   64  65  66  |次へ >

スペインが生んだ極甘の王様

「ゴンザレス・ビアス ペドロ・ヒメネス ノエ」
熟成30年
シェリーの中でも極甘口のペドロ・ヒメネス。どっしりとした熟成感たっぷりな樽香と、濃厚で上品な甘さは王様の貫禄を漂わせます。これが私を甘口ワインの世界に引き込んだシェリーとの出会いでした。
近いうちに食後酒・甘口ワインをリストオンしたいと思います。乞うご期待。


2009-01-22
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

★ソムリエールのmini blog★

私が初めてワインの抜栓をしたのは一昨年の夏。ソムリエの資格を取るために勉強を始めたのも、ちょうどその頃です。
とにかく暗記する事が多くて、ひたすら替え歌を作っていたのですが、歌詞がしっくり当てはまると、まるでフランス語の歌を歌ってる気分♪
今では日々の鼻歌のレパートリーです。

oh〜♪chambertin〜♪ oh〜♪chambertin〜♪♪

そんな若葉印ソムリエールの不定期ブログ。お暇なときに読んで下さい☆


2009-01-10
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

冬に飲むボルドーの白

白のビッグ・ヴィンテージと呼ばれる2007年。「シャトー・グランムエイ ’07」をリストオンしました。
ブライ、パリコンクール・ダブル金賞のワインで、現地では完売しているワインです。柑橘系の香りも抜群で、ハーブの心地よい余韻が楽しめる1本です。


2008-12-23
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

サンタさんの贈り物

クリスマスシーズンに良年2005年の「ラ・パッション ヴィエイユ・ヴィーニュ」入荷しました。樹齢80年の古木を使った限定バージョンという事で、通常の「ラ・パッション」に比べると、目が詰まっていて、本当にしっかりとした飲み応えのあるワインです。
また、グルナッシュの新たな魅力を発見したようです。


2008-12-21
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

リュリー2006

当館のオススメワインとして出してきた「Rully 1erCRU "la fosse" "marissou"」ですが、ルージュの’04ヴィンテージが終売になり、ブランの’04ヴィンテージもあとわずかとなりました。
’06の入荷があり試飲してみると、もう少し熟成がほしいところ。’05の恵まれたヴィンテージとの違いもあると思いますが、もう少し様子を見てリストに入れたいと思います。


2008-11-24
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ
< 前へ| 1  2  ...  61  62  63   64  65  66  |次へ >
シェフの日記
宿泊プラン一覧

オーベルジュ  ラ・メイジュ

391-0301
長野県茅野市車山高原3413-17
TEL.0266-68-3939
アクセスマップ

ページの先頭へ