オーベルジュ ラ・メイジュのシェフ日記

< 前へ| 1  2  3   4  5   ... 119  120  |次へ >

ホワイトヴィール

本日の気温18℃
朝晩は16℃位でしょうか
車山高原は初秋です
お越しになる時は長袖を1枚後持参ください
さて
最近の美味しい食材が仔牛
ホワイトヴィールです
ミルクだけで育てた生後3ヶ月の仔牛です
熱して泡立ったバターをまわしかけながら焼き上げ
ローズマリーとガーリックとタイムと共にじっくり休ませ出来上がりです


2019-08-23
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

厨房引きこもり生活

厨房引きこもり生活もそろそろひと月
最近は一歩も外に出ていません
普通なら心が病んできそうですが・・・
日々厨房に入荷される食材を見るとテンションが上がるのです
これも職業病なのでしょう
こんな生活はまだまだ続きそう
9月の初旬には休館となる日がありそうなので
近くの渓流にロッドを振りに行こうと目論んでいます


2019-08-14
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

6歳の息子

厨房で仕込みの手伝いです
きちんと手を洗いアルコールで消毒することから教え始め
数年前からナイフを使う練習をして今ではプロ用のペティを使いこなします
ゲームのソフトを買う為に忙しい日は一人前に働いています
ダイニングに出る事はほとんどありませんが・・・
頼もしいスタッフが増えました


2019-08-12
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

秋の気配

最高気温24℃涼しくなってきました
朝晩は冷気が窓から流れ込みます
そろそろ秋の気配
今年は暑かった日は数日間
とは言っても最高気温26℃~27℃でした
短い夏は終盤の車山高原です


2019-08-11
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

ハーブ

タイム・ローズマリー・ブラックフィンネル・グリーンフィンネル・紫蘇スプラウト・シブレット・シブレットスプラウト・キャットミント
厨房にあるハーブ達です
料理には勿論
皿を飾るに必要は食材
完成した皿を見ると幸せになれるアイテムです


2019-08-09
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

浅間山

長野県と群馬県の県境に佇む浅間山が噴火しました
登山客のいない夜で良かったです
浅間山は車山高原からはかなり遠方ですが遠くに望める稜線の美しい山です
昔から噴火を繰り返し
日常的に噴煙を上げています
ふもとの佐久市や嬬恋の畑の一角には開拓時に除いた噴石の山がいたるところに・・・
通学する児童は普段からヘルメットをかぶり通学・・・
麓の地元住民はそんな浅間山と共に暮らしています
佐久市の知人に浅間山の噴火の話を聞いた事がありますが『多少の噴火は日常』地元の方は噴火には冷静です 
今回の噴火はかなり高くまで噴煙が上がったようなので降灰で農作物への影響が無ければよいのですが


2019-08-08
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

名産

毎日パテ・ド・カンパーニュを焼いています
朝からずっとオーブンに火を入れ焼いているのですが体が火照って熱中症ぎみ・・・
涼しい車山高原ですが就寝時も体温が下がりません
そんな時は水風呂
上がった後に外の風に当たると寒さを感じるほど
これでゆっくり眠れます
さて
知人から毎年送られてくる山形県尾花沢のスイカ
流石スイカの名産地だけあって美味しい
年に1度このスイカを食べれば満足します
日本各地に色々な名産がありますが
そんな名産を色々取り寄せてディナーを構築していきたいです


2019-08-07
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

秋の気配?

最高気温26℃
日差しは強く湿度は低め
風が吹くと気持ちがいい
車山高原の夏です

今年の夏は水道の水が冷たいまま
いつもの夏は多少水温が上がりお盆の頃にその冷たさから秋の訪れを感じるのですが・・・
今夜も窓から吹き込む風は秋の予感
いつもより早く秋が訪れそうなこの夏です
 
写真は夏の茸(アカヤマドリ)
火を入れると何とも言えない独特な美味しさが楽しめます


2019-08-06
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

車山高原の夏

晴れ渡った空
気温も上がり本日の最高気温23℃
気持ちのいい車山高原の夏です
1年の内半袖で過ごせるのは2~3週間
この夏もお盆まで
中旬以降は秋の風に変わります

今年の7月は気温が低かったので庭のハーブ達は早くも花を咲かせてしまいました
なのでハーブ類は有機栽培の農家から仕入れています
流石プロですね
私が育てたハーブとは別物
見栄えが美しい
柔らかさが違います


2019-08-04
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

Sel(塩)

いよいよ夏の車山高原
気温も上がり最高気温は23℃位でしょうか
朝晩は15℃以下になります
さて塩についてですが・・・
塩には海塩・岩塩・湖塩など色々種類があります
私は数種類の塩を用途に合わせて使い分けます
その中で感動し今も使い続けている塩が『竹原の塩』
安芸の竹原
皿に直接ドレッセするときに使います

竹原の製塩技術は「枝条架(しじょうか)」
海水を組み上げて木の枝にポタポタと落とし
海水を3日程度循環させ、
太陽と風の力で塩分濃度を上げていく昔ながらの方法

まろやかな塩味とミネラル由来の奥深い味わいが魅力です


2019-07-28
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ
< 前へ| 1  2  3   4  5   ... 119  120  |次へ >
シェフの日記
宿泊プラン一覧

オーベルジュ  ラ・メイジュ

391-0301
長野県茅野市車山高原3413-17
TEL.0266-68-3939
アクセスマップ

ページの先頭へ