ソムリエールのブログ

1   2  3   ... 41  42  |次へ >

ボトル

本日はお客様がお持ち込みになったスパークリングワインの抜栓。
しかも存在感たっぷり1500mlのマグナムボトル!

実は今までマグナムボトルをサーブするチャンスに恵まれず今回が初めてとなりましたが、質量が2倍でも抜栓手順やボトルの注ぎ口は同じなのでいつも通りで大丈夫でした。

また、馴染みのある一升瓶に似たサイズが安心感を与えてくれます(笑)

ワインボトルの中でもマグナムボトルはそれほど大きなものではないので、もっと大きなボトルのサーブにも挑戦できるチャンスに巡り合ってみたいですね!


2021-03-07
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

インドネシアの月と珈琲

満月の夜のディナー。
デセールと珈琲をお出しする頃には月も高く昇っています。

本日の珈琲は「インドネシア・マンデリン・シナール」
柔らかく女性的なイメージの珈琲を飲みながらひとときのお月見。

インドネシアで月は闇に光を与える「夜の王女」と呼ばれたり、月には女性が糸を紡いでいる姿があると何かで読んだのですが、この珈琲のイメージと満月の物語が不思議と繋がりますね。


2021-02-27
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

朝日のあたる家

「朝日のあたる家」はアメリカの伝統的なフォークソング。
多くの人にカバーされている名曲で、シェフは1977年のサンタ・エスメラルダver.で、ソムリエールは1964年のアニマルズver.で出会っています。

冬の朝、息子をバス停まで送り戻ってくると、ちょうど八ヶ岳から昇った朝日がラ・メイジュを照らします。
日常の中で「朝日のあたる家」のイントロが流れ出す最高の瞬間です。


2021-01-31
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

Mature wine with 60’music

本日の車山高原は真っ白な霧の中。
こんな日はamazon musicで音楽を聴きながらワインセラーの整理やお掃除。

チャンネルは60年代洋楽!
Elvis Presley、The Beatles、Simon & Garfunkel、Bee Gees、The Animals、Ben E.King。。。
60年代にはまだ生まれていませんが、時代を超えて私の人生で流れていた音楽たち。

ぶどう畑やセラーに音楽を流してワインの熟成に良い影響を与えるという造り手もいるようなので、ラ・メイジュのセラーのワインも他で飲むワインとは少し違ってくるかもしれませんね。

そうだったらいいなぁ☆


2021-01-27
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

ほっとする冬の一コマ

日々の暮らしを彩ってくれる自然の中に身を置いていると、季節はいつもと変わらず悠々と巡っていて、テレビから流れる世の中の一喜一憂がほんの些細な事に感じることがあります。

季節に見合った雨雪台風がなかったり、気温がおかしい方が何倍も怖いと感じる様になりました。

冷え込んだ日の朝、窓にはとても美しい氷の模様。
そんな冬の日常にほっとします。


2021-01-23
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

happy new year!

2021年

今年こそは皆が明るい笑顔で好きな場所へ出かけ、大切な人たちと心置きなく美味しい食事やワインを楽しめる年となりますように!

本年もよろしくお願いいたします。


2021-01-01
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

ワインのヴィンテージ旅行

先日、お客様のお持込みワインをテイスティングさせて頂きました。

Domaine A.F.Gros 
ECHEZEAUX  1993

抜栓と同時に広がるフレッシュな果実の香りが、セラーでとても大切に保管されていた事を伝えています。
30年近く前のヴィンテージとなりますが、タイムカプセルのように葡萄の力強さがギュッと閉じ込められていました。

1993年は何をしていたかな?と会話の花も咲きます。

私の1993年は。。。お小遣いをCD購入につぎ込んでいた年頃だったかな。

ワインのヴィンテージで、誰かと少しだけ人生をさかのぼる旅行も良いですね。


2020-12-19
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

車山高原スキー場オープン延期のお知らせ

車山高原スキー場は12/12(土)にオープンを予定していましたが延期となりました。

オープン日は決まり次第、スキー場のホームページで発表されますのでご確認をお願いいたします。

【車山高原スキー場ホームページ】

雪がたくさん降り、安心して楽しめるスキー場のオープンが待ち遠しいですね!


2020-12-12
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

朝焼けのち雨降り

今朝は妖艶な朝焼けが広がりました。

八ヶ岳の向こうで姿を見せずとも力一杯朝を知らせている太陽が、雲だけでなく草木や空気もほんのり桃色に染めています。

ほんの30分ほど景色を色付けたのち、山は雨降り。

昨日から吹いている強い風が木々を揺らす、そんな11月の朝です。


2020-11-20
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

賑やかな冬の目覚め

秋から冬へと移ろう寒い朝は、布団の温もりが名残惜しくなりスローペースな目覚めになりますが、一歩外へ出ると「冬の目覚め」はとても躍動的です。

今朝7時の気温は−2℃
窓ガラスは冬の装飾になり、登校前の息子が白い息をはきながら水たまりの氷をバリバリと踏み、霜柱が重たい石をぐいぐい持ち上げています。

車山にとってはまだまだ冬の入口ですが、季節の始まりは大人になってもワクワクしますね。


2020-11-04
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ
1   2  3   ... 41  42  |次へ >
シェフの日記
宿泊プラン一覧

オーベルジュ  ラ・メイジュ

391-0301
長野県茅野市車山高原3413-17
TEL.0266-68-3939
アクセスマップ

ページの先頭へ