ソムリエールのブログ

< 前へ| 1  2  3  4   5  6   ... 33  34  |次へ >

ケルナーとの再会

初めてケルナーを飲んだのは、北海道のワインだったと思います。
たしか量産ワインだったので、ハッキリとした特徴も感じられず、あまり印象に残っていませんでした。

でも先日votano wineさんのケルナーを飲んで、とても豊かな芳香と爽やかな飲み心地にびっくり!
今まで意識していなかった同級生に、ドキッとしてしまった様な感覚でした。

この胸のときめきをラ・メイジュのダイニングでもお出しできたらいいなと思っています。


2016-05-30
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

届け!優しい風

車山の風景は、まだまだ無愛想な色彩ですが、
山の麓は桜色が風に揺れていて、とても優しい雰囲気です。

その一方で、九州では地震により多くの方が大変な思いをされています。

少しでも支援になればと、本日より当面の間、お客様から頂いた御宿泊料金の一部を、熊本への義援金として送ることに致しました。

地震により被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
熊本へ優しい風が届きますように!


2016-04-19
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

新しい相棒

「Waiters Friend」とも呼ばれる、私の3代目の相棒です。

今は電動で抜栓するオープナー等もありますが、ソムリエナイフ以外ではなかなかうまく抜栓できません。
やはり「てこの原理」が1番だと思います!

美しい所作で抜栓しながら会話を楽しみ、時に失敗しても冷静に笑顔で対処できるよう、更なるアナログ抜栓の技術向上を目指したいです。


2016-03-21
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

情景や物語を持つ香り

先日、東京でワインの試飲会に参加してきました。

今回とても印象的だったのは、同じドメーヌのコート・デュ・ローヌを価格の順に飲みくらべができた事です。

コストパフォーマンスもよく、ラ・メイジュの料理とも合わせやすいワインもありましたが、それとは別に、やはりGigondasはさすがだなぁと思いました。
その力強い香りには、くっきりとした情景や物語があり、大地を感じられます。

改めてコート・デュ・ローヌの魅力を感じられた1日でした。


2016-02-28
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

どこからが美味しそうな香り?

冬といえば、ラ・メイジュのジビエ。

今シーズンも鴨の毛抜きをお手伝いしています。
鴨の処理をしていると、水鳥の羽毛の撥水力のすごさや、個体によって違う食べ物、砂肝にたっぷり入っている砂等、今まで気に留めなかった事が発見として体感でき、とても楽しいです。

昨シーズンはバーナーで残った毛を焼く時の、鴨の皮が焼ける香りに「美味しそう」と感じていたのですが、今シーズンは毛を抜いている時点で香る肉の熟成香に「美味しそう」と思える様になりました。

私もいつかシェフの様に、生きている鴨を見て「美味しそう」と思う様になるのでしょうか。。。


2016-02-21
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

明けの明星のち、日曜日の始まり

夜明け前、少しずつ輪郭が浮かび上がる八ヶ岳。
その稜線の真上には、透き通る様に輝く明けの明星。

今朝はいつもより30分早く起きたのですが、
早起きは本当に素敵なご褒美がついてきますね。

♪そして東から昇ってくるものを迎えに行くんだろ〜
ついつい歌を口ずさみながら、お客様の朝食の準備ではじまる日曜日です。


2016-01-31
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

2016ワイン初め

2016年になってしばらくたちますが、今年のワイン初めは。。。
REIGNAC Cuvee Speciale Rouge 2010

あまりの凝縮感にびっくりしました。
メルロー75%とは思えない、カベルネソーヴィニヨンの比率が多いような重厚感を感じるワインです。

このワインを頂いた方には、年によって違いのあるワインですよと聞いていたのですが、2010年は当たり年ですね。


2016-01-30
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

今朝の日の出は、八ヶ岳に雲がかかっていたので雲から昇る太陽でしたが、透き通る様な車山の青空に、清々しい1年の始まりを感じられました。

2016年、皆様にとってより一層素敵な1年となりますように!
今年もよろしくお願い致します。


2016-01-01
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

捨てられないモノ達

「断捨離」という言葉が定着してきましたが。。。
色々なものを捨てられないソムリエールのもとには、膨大な数のコルク栓がたまっています。

合成コルクやスクリューキャップが増え、抜栓や保管は便利になりましたが、やはりコルクの存在感には愛着がわきます。

そこで、自分では捨てられないけれど、誰かに貰われていくのは良い!との思いで、ラッピングしたコルクをリビングに置いています。
記念として、またインテリアや工作等に活用して下さいね。


2015-12-27
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ

小悪魔なワイン


解禁日より数日遅れましたが。。。

JUNKO ARAI Beaujolais-Villages Nouveau 2015
「LE PONT DU DIABLE」

ロワールでワインを造っている新井順子さんの手掛けるガメイは、とても深い赤紫色で、酸味もひかえめ。
とてもヌーヴォーを飲んでいるとは思えない、強くてたくましい飲み応えでした。

「LE PONT DU DIABLE」は畑の名前で、「小悪魔の橋」という意味だそうです。

かわいらしい素敵なラベルと共に、女性の心をくすぐるワインですね。


2015-11-23
信州車山高原の宿泊できるレストラン オーベルジュ ラ・メイジュ
< 前へ| 1  2  3  4   5  6   ... 33  34  |次へ >
シェフの日記
宿泊プラン一覧

オーベルジュ  ラ・メイジュ

391-0301
長野県茅野市車山高原3413-17
TEL.0266-68-3939
アクセスマップ

ページの先頭へ